不妊症


腹腔鏡手術 もっと知りたい
不妊治療
不妊症検査
不妊症一口メモ
ホームに戻る

不妊症のことなら
小島レディースクリニック


静岡県沼津市大岡 1125-1

休診日:日曜・祝祭日
TEL:055-952-1133


不妊症 小島レディースクリニック

                         尿中LH検査



排卵予知の目的でタイミング治療やその他の治療中に行う検査で、尿中のLH(黄体形成ホルモン)濃度を調べる検査です。
LHは下垂体前葉から分泌されるホルモンで、排卵が近づくと急激に多量に分泌されます(LHサージ)。このLHサージが引き金になって排卵するのですが、このとき尿中に排泄されたLHを検出して排卵日を予測する検査です。タイミング療法や人工授精治療中には、毎月外来で何回か行われています。
LHサージが開始してから36時間後に排卵するのですが、尿検査で分かるのはLHサージの開始から4時間ないし12時間ほど遅れますので、この検査が陽性に出たら(翌日が排卵日だと考えて)その日のうちに夫婦生活をするのが実用的です。尿による検査は血液検査に比べ精度では劣るものの、簡便でスピーディーな検査です。
検査試薬が市販されているのでご自宅でも検査できますが、LHサージの持続時間が短いため、確実に把握するためには排卵が近付いたら毎日3回は検査する必要があります。また、hCGを注射された方は反応が出てしまいますのでご注意ください。


                  





前のページへ 次のページへ