不妊症


腹腔鏡手術 もっと知りたい
不妊治療
不妊症検査
不妊症一口メモ
ホームに戻る

不妊症のことなら
小島レディースクリニック


静岡県沼津市大岡 1125-1

休診日:日曜・祝祭日
TEL:055-952-1133


不妊症 小島レディースクリニック

                  抗ミュラー管ホルモン(AMH)検査(自費検査)


抗ミュラー管ホルモンは発育過程の卵胞(顆粒膜細胞)から分泌されるホルモンで、年令と共に次第に低下します。その為、卵巣年齢(卵巣の予備能力)を知ることが可能で、今後の治療を決める上で(ステップアップを考える)良い指標になる事から、最近注目を集めています。
抗ミュラー管ホルモン(AMH:anti-Mullerian hormon)は、卵巣内にあるこれから育って排卵する卵胞(原始卵胞や前胞状卵胞)から分泌されるホルモンで、その卵胞の数が少なくなるとAMH値も低下してきます。逆にこの値が高ければ、卵胞が多く残っていることを示しているのです。この事は、実際の年齢とは少し異なります。
実は、卵巣では卵子が作られているのではなく、生まれる前から卵巣にあった卵子が月々育って排卵しているのです。年令と共に卵巣に残っている卵子の数はどんどん減少し、質も低下してしまいます。その結果、子供が欲しいと思った時に卵子が残り少ない状態になってしまっている事は、しばしば起こっています。そして、卵巣に卵子がなくなってしまったら、もう妊娠することはできないのです。


このホルモンを調べると分かることは、
値が低い時には、卵巣年齢が進んでいる。つまり、卵巣の老化が進んでいることを示していますので、早く妊娠するように積極的な治療が望まれます。
つまり、人工授精や体外受精に早くステップアップしなくてはなりません。
さらに、AMHが低値の場合には体外受精を計画しても採取される卵子の数は少なく、妊娠率も低いことが予想されます。
それは、卵子の老化に伴って染色体異常も高まってくるからなのです。

一方、多嚢胞性卵巣症候群の人では高値傾向を示します。
AMHが高値の場合には卵巣過剰刺激症候群になる可能性も高くの測定値が卵巣刺激の方法を選択する指標にもなり得ます。
このホルモンの特徴として、月経周期に左右されることなく何時でも血液検査で卵巣予備能を調べることが可能です。

この検査を受けた方が良い人は、
・FSHが高めの人(急を要す)
・35歳以上の人(早めの検査をお勧めします)
・体外受精を考えている人
・チョコレート嚢胞などの手術を受けたことのある人
・卵巣年齢を知りたい人、などです。



抗ミュラー管ホルモン(AMH)検査は保険の適応となりませんので自費になります。
検査費用は8000円です。




前のページへ 次のページへ